もちろん日本製の新しい営業車

フランスでは、これまでスズキのスイフトで統一していた営業車ですが、今回トヨタのカローラに変更しました。ステーションワゴン特有の走行性と大きな荷台。ヨーロッパではセダンやSUVよりも人気が高い理由にもうなずけます。Banque de Produits Japonais(日本製品銀行)の頭文字から名付けられた会社の為、フランスではやはり外車の選択肢はありません。この車で素敵な出会いをしていきます。(フランス / K.K)




13回の閲覧

Groupe BPJ  TOUs DROITS Réservés

  • Instagram
  • Facebookの社会的なアイコン